育児

March 13, 2009

卒園

20090313_parent_and_child娘が明日卒園式を迎える。

あっという間の3年間だった。入園式がつい先月のことのように感じられる。

入園式で私達夫婦から離れて、一人でちいさな椅子に腰掛けていたあの娘が、、、後ろを振り返りながら泣き出して妻のところに駆けつけてしまったあの娘が、明日、卒園する。

私は、仕事が休めず式には出られないのだが、出席すると、なんか泣きそうで、仕事していた方がいいみたい。

そんな親の気も知らず、娘は、あっけらかんと『幼稚園、きらいだから、もう行かないの嬉しい』だとさ。


---まったくぅ---


そういえば、私も卒業というものに、感極まったことなど一度も無かった。

幼稚園、小学校、中学校の卒業式は、全く記憶に無い。しかも、親が来たのかどうかさえ、定かではない。

高校の卒業式は、卒業証書をもらった記憶がかすかにあるだけ。大学は、卒業式の後の謝恩会しか覚えていない。

全ての式で、悲しかったり、感極まったりして、泣いた記憶は無いのだ。
 
 
 
来年は父親の13回忌だ。

早いものである。

生前、父親と折り合いが悪く、ほとんど口を聞いた事もなかった私だが、子供を持って、子供の成長に連れ湧き起こる感情を経験することになったわけだが、、、、かつて、父が私に対しても同様だったのかも・・・って思うと、なんか、胸に詰まるものがある。
 
 
 
これが、子を持ってはじめてわかる親の気持ちってヤツなんだろうなぁ。

言葉にすれば、わかった気になるし、人から言われたり、親から言われたりしてもわかるんだけど、“感じられなかった”んだよねぇ。

『わかる』と『感じる』は脳では別の場所で行われているもんなぁ・・・。


私は、将来、若い人に『子を持つと、感じるよ』と言うことにしよう。

たぶん、『えっ?』って顔されるだろうけど。

| | Comments (0)

November 30, 2005

the heads of the maids, or their maiden heads

20051130romeo_juliet『私は、お嬢様のお喜びの為に汗かき役、でも夜になれば汗をかくのはお嬢様の役』とキャピュレット家のジュリエットの乳母はとってもエッチな事をいう。

この時、とうのジュリエットは14歳の筈だ。夜這い来るロミオだって、同じようなもの。
この時代、生物学的な成熟速度は、どの程度だったのかはわからないけれど、精神的な成長は、いまの日本の若者とは比べ物にならないくらい、早熟だ。

っていうか、オトナでさえ、日本人は子供みたいなのが大勢いる。

別に、若い頃から SEX しろと言ってる訳じゃないけど、その知識だけは、当然、若い頃から身に付けなければならないと思っている。若ければ若いほどいい。子供のうちからがベストだ。


いつも、昼飯時に見ている【みのもんた】の番組。あれの、思いっきり生でんわコーナーに、いつだったか面白い相談が舞い込んだ。

相談主は17歳の娘を持つお母さん。この女の子が18歳男の子と同棲したい言ってるけど、止めさせる妙案は?ってなことだ。

相談を受ける面々は、あーでもないこーでもないって言ってるけど、『避妊だけは、確実にさせるように』という事をいう人は、一人もいなかった。


やっぱり、日本って、SEX の話はタブーなのか!!とつくづく感じる。世のおばさん達だって3人よれば男根の品定め。オッサン達は酒飲んでワイ談義。


これらと同一のレベルでしか見られないんだね。このゲスト相談員達は。みのもんたも同レベルだ。もっとも、歩く生殖器が生々しい言葉を発すると、お昼の番組にそぐわないって、抗議の電話が殺到するからかもしれないが・・・。
 
 
 
閑話休題

3歳になったばかりの娘が、私の生殖器に興味を持ち始めた。以前は、『おとうさんにはボールがある。マリには無い』なんて程度のものだったのが、この頃は何故、自分と違うのか?と聞いてくる。『とうさんは、なんで男なの?』とか。しかも、毎晩、お風呂に一緒に入っているので、最近は、触りたがってしょうがない。ボールに何が入ってるの?って聞かれたら、『赤ちゃんのもとが入ってるんだよ』と言うつもりでいる。

また、妻の生理にも興味津々で、『ちぃ、出た?』なんて聞いている。
私は、すかさず『マリも大人になったら、ちがでるんだよ。赤ちゃんを産めるようになる印なんだよ』と答えた。

3歳からの性教育は、言うだけで無く、実践している。子供の方も、ちょうどこのくらいから興味を持ち始めるんだよね。


早い時期の SEX 体験は、HPV 感染~子宮頚癌のリスクが高まるってデータもあるので、時期が来たら、早すぎる SEX はリスクがあると言おうと思っているのだが、HPV ワクチン Gardasil が販売されそうで、違った意味で困った事になりそうだ。


しかし、性の知識は冷静に教えられそうだけど、実際に、ある日突然『彼なの!』って紹介されたら、どうやって狼狽ぶりを隠そうかと、こちらは、冷静ではいられないだろうなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2005

優れものの子供歯磨き

恐怖の2歳児という言葉があるらしい。世のお母さんたちがそう言っているのだから確かな事なのだろう。お父さんたちは・・・・・しらない。

我が家の恐怖の・・・は、最近、すごい破壊魔と化している。とにかく、自分でやりたがる。ビデオテープの出し入れから、CDプレーヤーへのCDの出し入れ、DVDプレーヤーへの出し入れも自分でやらないと気が済まないらしい。うっかり、親が手を出そうものなら、もう一度、最初からやり直しだ。

その小悪魔が、最近、嵌っているのが、花火だ。何しろ、『夜まで待て』と言ったって、言い出したら聞かない。だから、この有様だ。昼間っからやるはめになる。

DSCN1118しかも、親が持っている花火をを眺めている・・・なんてことは絶対、しなくて『自分でやるぅ~』だ。おかげで、何着かの洋服が花火の被害に・・・火傷をしなかかったから良かったものを・・・
(>_<)


DSCN1122さて、この子供歯磨きだが、何が優れものか、察しがついた方もいるかとおもうが・・・そう、実は小悪魔に傷だらけにされて、再生不能になったDVDを再生させるのに使えるのだ。(もしかしたら、伊東家に投稿できるのか?気付いたの俺が最初なのか??)
使い方は簡単。歯磨き粉を少量、指先に取り、あとは、ひたすら、傷ついたところを擦るだけ。

あぁ~ら、不思議、今まで、ある場所に来ると必ず画面が止まってしまって、元に戻っていたDVDが、何事もなかったかのように・・・・。

---ホッ、同じDVDをもう一つ買わずに済んだなっ---

とにかく、この子供用ってところがミソだと思う。。。たぶん・・・。どうせ、見られないDVDなら、ひどくなっても同じなんだから、試して見る価値は・・・あるでしょ??

ところで、イギリスの老舗、アストンマーティンから、V8 Vantage が発表された。

V8_Vantage
 
 
 
 
---ふぅー---

ため息が出るほど、カッコイイ。でも、小悪魔のおかげで、ゆっくり雑誌も読めやしない。私が読んでいると、膝の上に乗ってきて、邪魔をするのだ。でも、邪魔しながらも車をよく見ているのか、BMW と MINI だけはわかる。あっ、あとHマークのホンダも。

こいつを手懐けて車好きにすれば、次期愛車はアストンマーチンに決まりかっ??
(んな、ワケねぇ~な????でも、欲しいなぁ、希望的観測?夢??)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2005

性教育?

20050524男「ねえ、君のからだって、どうなってんのかな?」
女「えぇ~、わたしぃ?わたしの体は ボン・キュッ・バァ~ン よ」
女「でも、一ヶ所だけ、凹んでるところがあるのよねぇ」
男「ふーん、俺も、新庄剛みたいに筋肉バリバリだけど、一ヶ所だけ、妙に凸ってるところがあるんだよ」
男「君のからだに凹んでるところがあるんなら、俺の凸を刺して塞いでみよっかぁ。ねぇ、どう?やってみる?」
女「ええ、いいわよ。優しくしてね」


って、これってどう読んでも、三流エロ小説としか読めない。
でも、これ、実は“古事記”にある有名な国作りの冒頭のシーンなんだよねぇ。

イザナギとイザナミがまぐわって、日本が出来上がるという壮大なスケールのお話なんだけど、どうも、エロッぽい。

今まで知らなかったんだけど、古事記を良く知る人達の間では“日本最古のエロ本”と呼ばれているとか・・・。

原文に近い形で読んでも、ちっとも下半身は反応しないけど、現代語訳してみると、妙な気分になってくる。

と、言う話はおいといて、、、

この古事記にまつわる有名な話?を知ってから、私も真似したくなった事がある。
どういう話かというと、、、、

明治の文豪 幸田露伴 の娘 幸(あや)が女学生だった頃、登下校の時に、隅田川の堤防工事をしているオッサン達に、卑猥な言葉を浴びせられ、からかわれたそうだ。そこを通るたび、来る日も来る日もからかわれて、ついに、父(露伴)に訴えた。

そうしたところ、露伴は、、
「そんな事ぐらいで、ガタガタ言ってちゃ、いざって時にどうするつもりだ!」と。

そして、「汚い言葉で罵り合えば、やがて争い事になるから、言葉は選んで放ちなさい」といって、古事記を教科書として、幸に与えたそうだ。

なんで、こんなところで、古事記なんだぁ?と幸も思ったに違いないが、従順な彼女は言われるままに読んだそうだ。


さて、その後日談。

いつものように、工事現場のおっさんたちにからかわれた幸は、おっさんたちにむかって、
「そんな、品のない言葉じゃなくって、もっと上品に喋って頂戴。みとのまぐわひ っておっしゃいよ」と言ったそうだ。

助平なおっさんたちは、あっけに取られ、ぽかーんとしている。

露伴はそのことを大いに笑ったが、幸が古事記から覚えた言葉は“まぐわひ”だけだと知って、ますますおお笑いしたそうだ。

美斗能馬具波比 と書く。みとは御所で結婚の場所、まぐわひは交接(う~~ん、生物学的!)だ。


私も、娘が年頃になったら、『古事記でも読みなさい』って言ってみたい。

性教育のキッカケとかそんな堅苦しい事じゃなくって、何を感じてくれるか、何を覚えてくれるか、ちょっとしたイジワルなイタズラをして見たくなったのだ。
(親ばか)


20050524-2これは、、、違うな!

| | Comments (0) | TrackBack (0)