ニュース

April 17, 2012

イワナガヒメとコノハナノサクヤビメ

20120417_wadatsuminiirokoニニギの命が天照大神の言いつけで、下界を支配下に収めるべく出向いた時に、コノハナノサクヤビメと出会い、「おねいちゃん、オレとやらないか?」「では、お父様に許しを請うてきます」「ハイハイ、尊いお方、どうぞ、やっちゃってください。ついでに、もう一人差し上げます」・・・・

とあいなった話は、有名だ。

オチは、イワナガヒメはとんでもない“ブス”だったこと。

チョーかわいいコノハナノサクヤビメの姉にして、とんでもない“ブス”っていうのも、なんとなく解せないが、まぁ、そこは神話ということで、面白おかしく・・・なのだろう。

当然、ニニギの尊は、イワナガヒメのことは「遠慮しときます」と父親にのしをつけて送り返した。この事を恨めしく思った父親は、、、「あんたの家系は短命の運命だ」とかなんとか・・・・古事記に書いてあるんだから、しょうがない。短命だった天皇の親しい人たちを慰める為に考え出された譚だったのだろうね。


ところで、古事記には(世界の神話にも同様の傾向が見られるけど)、美人とブスの両方が登場する事が多い。ブスの役どころも、また、嵌まっていて、無くてはならない存在でもある。天照大神が天岩戸に引きこもった時、引っ張り出すパフォーマンスを演じたウズメの命もかなりのブスだった。ニニギの命ご一行が下界する時に出くわした強面のサルタヒコに「おまえ、だれだよ」って聞きに行かされたのが、そのウズメの命。

理由はこうだ。

ブスだと、相手を油断させる事ができる。悪いやつだとしても、隙を突ける可能性がある。。。。ってんだから、ニニギの命も人が悪いよなぁ。。。

で、ニニギの命と出会った日にやっちゃったコノハナノサクヤビメは、なんと、ご懐妊!!

当然、ニニギの命は「ホントにオレの子か?」と。

まぁ、疑うのも当然ですね。

コノハナノサクヤビメは、とってつけたような理屈で、ニニギの命を煙に巻く。

そうこうしているうちに、3人の子が生まれ、そのうちの二人が、有名な“海幸彦、山幸彦”。

親父の血を引いている山幸彦は、兄貴に脅され、鉤を探しに海に入れば、そこで、また、海神の娘トヨタマビメに一目ぼれで、さっそく、やっちゃう・・・・・・。

山幸彦が陸に戻って来た後を追いかけてきたトヨタマビメも、、、「出来ちゃったんですけど」・・・と。実はトヨタマビメは鰐の化身だったので、陸で養育するわけには行かず、妹のタマヨリビメを送ったと、古事記は伝えている。

この時生まれた子がカムヤマトイワレビコの命で、成長した後、乳母のタマヨリビメと結ばれて、神武天皇を生んだ・・・・。


と、古事記も、この辺の話は、知らず知らずのうちに知ってるもんです。

天照大神は、ニニギの命のおばあちゃんだけど、その天照大神の弟に、スサノオの命って暴れん坊がいた事は知らなくても、ヤマタノオロチを退治した話は知ってのとおり。

で、子供たちの知らないところで、かなり、エロイ、エゲツナイ話が多いのも事実。この話でも、生贄にされそうになっていたクシナダヒメとやる為に、、、、だよな。

日本の神々は、ギリシャのゼウスのように、多数の女性とまぐわって、、、、、。とても、良い子のみんなには、、、、あっ、結婚したって言えばいいのか!


天照大神とスサノオの命のお父さん、お母さんは、ご存知、イザナギ、イザナミの二柱。この二人の国作りからして、エロティック。。。とこれは置いといて、、、

イザナギに、大八島(日本の事)はお前たちが治めるんだよと言われていた天照大神は、その当時、出雲地方中心に実際に支配していた大国主命と一戦を交える(といっても、ほぼ、一方的に、天照大神側が強い)わけだけど、、、その大国主命も只者ではない。

大勢の兄弟の末っ子時代は、苛められっこで、因幡の白兎のエピソード以来、俄然、苛めも酷くなるんだけど、ここで、何故か、スサノオの命との接点が、、、、(大国主命はスサノオの命の末裔ってんだから、ややこしいが、神話の世界は、時間軸に沿わない事が多い)。大国主命の母神が、「スサノオの命のところに逃げなさい」と。

それ以降、運も回ってきて、女運も当然のごとく、、、、スサノオの命を訪ねたときに、スサノオの命の一人娘、スセリビメと、出会って、その場でまぐわって。

やっちゃったもんはしょうがねぇ・・・とスサノオの命にも認められ・・・。

それより前、スセリビメと出会う前には、因幡のヤガミヒメともまぐわって、さらに、地方出張の折には、別のヒメとまぐわい。。。。。

と、これが、天照大神の怒りを買ったのかどうかは知らないけれど、「もともと、私たちが支配べき土地」「私の息子のアメノオシミホホちゃんが治めるべき土地」というこで、はじまったわけだ。実際には、アメノオシミホホの息子のニニギが出征することになるのだが。。。。

神話の時代は、やることばっかりかっ?


さて、話は現代に戻る。

今、この瞬間、日本で一番、有名なブスといえば、ご存知、あの人。練炭殺人の。

これ、神話の時代を髣髴とさせるキーワードに満ちている。そう、「ブス」と「まぐわう」。

結局、今も昔も、人間、そればっかり・・・・・なんだよな。違うのは、神話の世界では、ブスはまぐわう機会が少ないみたいだけど、現代では、どっこい、、、、びっくり。

ブスのあそこは、具合がいい。。。とは、古事記にも書いてないけれど、「あそこの具合のいい娘」という記述はある。ホトタタライススキヒメという娘が登場するくらいだからね。

ホトとは女陰のこと。タタラは多々良。女陰がどっても(・∀・)イイ、イススキヒメ。神武天皇がやっちゃった娘の一人らしいけど。だから、美人だったんだろうね。

時代は下って、現代では、ブスがホトタタラ。。。。(ほんとなのか?)

でも、裁判で「私のはイイ。私は上手」って言ってたらしいから、ほんとなのかも。


神話の時代から現代まで、ブスとホトタタラが保存されていることは、何を意味するのだろう?(美人だけが選択されれば、ブスはいなくなっている筈)

美人は三日見たら飽きるという諺もアル。

結局、毎日?のことだから、アッチの具合が良い方を求めるのかも?男は!美人と三日で別れて、ブスでもアッチの具合が良い女を孕ませる。こうして、ブスとホトタタラは保存される。。。。(こりゃ、酷い話だね。人権団体からは、つるし上げられるだろうなぁ)

というわけで、本日は、くだらない戯言で、貴兄のパソコン画面を尽くしたんだけど、最後にマリンパの雑感らしく、、、「Y染色体」の話で終わりにしよう。

一時、世間を賑わした「男系天皇」、私は、男系賛成派ですが、またまた、「Y染色体」を守る事の重要性が明らかになった!?

「Y染色体なんて、そのうち、ヒトの染色体から消えちゃうよ!だから、そんなものに拘るなんて、ナンセンス・・・」といってた人たちに、関節技のお見舞いです。

「だから、どうなんだよ?」の問いには、結局、伝統を守ってきたことの尊さ、ナンセンスな事を護り続けた尊さ、、、、アレ?なんか、おかしい?

まぁ、いいか。

進化:Y染色体の運命

Nature 483, 7387 (Mar 2012)

哺乳類の性決定に関与するXおよびY染色体は一対の常染色体(性染色体ではない「普通の」染色体)から進化したが、遺伝子の崩壊が起こった結果、ヒトY染色体の雄性特異的領域には、元の常染色体遺伝子の3%だけしか残っていない。

今回、アカゲザルのY染色体で雄性特異的領域の塩基配列が解読され、アカゲザル、ヒト、チンパンジーのY染色体の分析によって、その領域の進化の軌跡が復元された。

その結果、最初に急激な遺伝子喪失が起こり、その後は純化選択によって残りの遺伝子が厳重に保存されていることがわかった。

これは、ヒトY染色体は消滅が避けられない運命にあるという考えに反対する結果である。

Letters to Nature p.82

| | Comments (0)