クルマ MINIとGT-RとAston Martin

October 21, 2016

ミニ・クロスオーバー クーパーSDに16インチスタッドレス

20161021_sd_16stud01本日、仕事はお休み。クーパーSDの冬支度をしてみました。ちょっと早いのは、気にしないでください。

SDは純正のホイールサイズが17インチです。
昨年の冬まで乗ってたクロスオーバーのグレードはワンで、純正は16インチサイズ。このワン用に購入したスタッドレスタイヤが、まだ、手元にあって、、、もったいないので、、、

カタログには、クーパーSには16インチは装着できないよって書いてあります。
でも、ディーラーでは「カタログには書いてあっても、実は装着できますよ」って。

というわけで、試してみることにしました。
命がけです。O(≧∇≦)O

20161021_sd_16stud02よく見るとキャリパーとホイールのウエイトの隙間が、、4㎜ くらい?当たってるわけじゃない。

来春まで何事もなければ、メデタシメデタシ です。クーパーS、SDオーナーには朗報ですね。ホイールサイズ 1インチ ダウンは、かなりお財布には優しいですからね。

20161021_sd_16stud03

20161021_sd_16stud04

・・・とはいっても、16インチのこのホイールは、かっこいいとは言い難い。それに、シルバーは、汚れが目立つ。

20161021_cross_oneワン(バッキンガムっていう特別仕様車)に乗ってた時も、掃除が面倒なので、夏場は黒いホイールを装着していた。マットブラックは、洗車時、ブラシでチョチョイってこするだけで済む。

夏冬のタイヤ交換時に、外したホイールは念入りに裏側まで洗ってあげれば、気持ちまでピカピカ、ストレス発散の一石二鳥。冬の寒い日、夏の暑い日には、洗車はなるべく早く済ませたい。洗車がストレスになってしまっては、本末転倒ですからね。

で、デザインも含めて、カッコ悪い16インチのシルバーのホイール、とりあえず、今シーズンは、このまま、行ってみるつもりです。

でも、同時に、17インチのスタッドレスタイヤ付きをヤフオクで落札しようとウォッチしています。それと、Fuji コーポレーションのネットショップでも、KELLENERS Jr E5(マットブラック)+ BRIDGESTONE / ブリザック VRX を狙ってるので、この純正16インチホイールで問題が生じた場合、交換する可能性があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2016

安物買いの銭失い

「安物買いの銭失い」。よく聞く言葉だ。人それぞれ、いろいろな経験から、思うところはあるだろう。

私の場合、購入する高額なものといえば、、クルマ。

192ミニ・クロスオーバーは、R50、R56 の二台の MINI ハッチバック所有が非経済的なこと、家族4人で旅行に出かける際、ゆったり乗れて4人分の荷物も積めるクルマが必要なことから、買い替えたクルマだった。

「どうせ、家族の車だし、遅くてもいいや」「足として買うんだし、貯金もしなきゃ」と、一番安いグレードで、一番馬力のない車を買ったのだが、、、その結果、交差点や首都高速の合流では何度も怖い思いや、嫌な思いを。東北自動車道では、憤懣やるかたなき、、、(おかげでゴールド免許になりましたが)。どうにも、耐えられなくなり、シリーズ中最大のトルク 305 Nm/1,750-2,700 rpm を誇るSD、ディーゼルターボに乗り換えることになった。

たぶん、パーソナリティがそうさせるんだと思うのだが、もしかしたら、パーソナリティではなく、トルクの大きいクルマの加速度が、ある種の“脳”を不可逆的に変化させる効果があるのかもしれない。いわゆる、麻薬・覚せい剤の効果と同様のものが。と、ふと、思いついたことが、このエントリーの動機だ。

私のクルマ遍歴(というほどの大げさなものではないが)は、20歳の時の日産スカイライン2000GTターボを皮切りに、トヨタMR2、トヨタソアラツインターボ、BMW740i、日産GT-R、アストン・マーチンV8 Vantage と常に、速い車、特にGT-R は、加速度は世界TOP5に入るクルマだ。常にこの“加速度”に暴露されてきた。最初は恐怖も混じった感覚が、恐怖だけなくなり、陶酔感だけになっていく・・・・。

そんな環境で、MINI クロスオーバー、100馬力もない非力な車を運転することになって、今までにない状況にさらされることになったのだ。

「どうせ、スピードが出ないんだから、安全運転に徹することができるし、家族旅行には、ピッタリのクルマだよ」と、自己欺瞞とわかりながら、妻には、そんなことを語ったりして。

でも、高速道路の進入で怖い思いをした時には、「うーーん、遅い車は怖いね。女の人って、アクセルを強く踏めなくって、加速できないじゃん。それが原因で高速道路が苦手な人がいるんだけど、そんな女の人の気持ちがわかったよ。ホント、怖いね。うしろから、追突されるんじゃないかとか、後ろの運転者が怒ってるんじゃないかなってね」って、話しかけてたりした。

謎をかけてたワケじゃないんだけど、、、、、


ミニのディーラーから、定期的に送られてくるダイレクトメール。その中に、MINIの意匠をあしらったスーツケースの限定販売のお知らせがあった。

妻は、実家に帰省する際、ちょうどよい大きさのスーツケースがせ欲しいと、以前から言ってたのだが、「コレ、いいかも」ってことで、日曜日の午前中、家族でのブランチのついでにショールームに寄ってみようかと。

ショールームでは、新しいクラブマンが置いてあり、試乗させてもらったのだが、これがことのはじまり。

Cimg2929担当者さんから、是非にと言われ、クロスオーバーの下取り査定を実施。「クラブマンは、買わないよ」というと、「では、クロスオーバーの新古車があるのですが、、、、」と。


話を聞いてるうちに、当然の不満がよみがえり、、、、妻も察したのか、「いいんじゃない」と後押ししてくれて、、、、経済的な余裕があるわけでもないのに、、、欠点は加速度だけなのに、、、、、買い替えが決まってしまったのだ。

現状に無理があるのは、わかっているのに(車の買い替え)、やめられないのは、“薬物依存”の症状にそっくりじゃん。薬物依存は、間違いなく、脳の変性を伴っている。加速度はそれと同じ作用があるんじゃないのか?


仮説(疑問)を解決する術はないので、この行動(くるまの衝動買い)を制御する方法もみつからないのだが、結局、妥協して安物を買うと、買いなおす羽目になるから、最初から気に入ったものを買うのが一番、、、、、って、自分なりに、納得したのだった。

まぁ、納車されれば、散財してしまった自己嫌悪巻も吹っ飛び、、、、

「これは、イイ」。「意のままにあやつれる」「ヒラリヒラリだな」。

家族のクルマとして、クロスオーバーを買うとき、最初から、ターボ付きモデルにしておけば、良かったんだと、いまさらながら、後悔する気持ちも手伝って、「安物買いの銭失い」を実感したのだった。

でも、ディーゼルだから、軽油でエコ。お財布に優しい。乗り続けてるうちに、元は取れるでしょう!!!きっと、地球にも優しいはずです。

そして、人生の勉強にもなったし、まぁ、いいか。

| | Comments (0)

March 19, 2014

『STAP 細胞』騒動で知った事やその他の関心事・・・・

20140319_stapRAG は、 V , J , D の分節に接して存在する RSS (recombination signal sequence) を認識し、DNA 二重鎖切断、断端への塩基の欠失と挿入の後、再結合される。

実は、私は、大きな勘違いをしていました。T細胞受容体の遺伝子再構成について。なるほど、本当に“再構成”だったんですね。私は、シーケンスの一部が部分的に選択されて、不要なものは捨てられちゃうってイメージしていたんです(恥ずかしい・・・でも、昔の教科書にはそんな図が載ってたような・・・)。


世間では、いろいろと大騒ぎしてますが、私は、「なるほど、そういうことだったのね。勘違いしたまま死ぬところだったぜ!」と一人、世間様とは少し違うところで喜んでます。


さてさて、T細胞は、分化しきった細胞の代表格である。なぜならT細胞は分化するとT細胞受容体遺伝子に特徴的な組み換えが起こるから。。。。ハイハイ、わかってますよ!!

んで、STAP 細胞を作る材料としてT細胞を利用した場合、そのT細胞受容体遺伝子に再構成が認められれば、一度T細胞に分化していた細胞から出来上がったことの決定的な証拠となる。。。。うんうん、それで!?

Nature に掲載された論文では、Oct4陽性細胞(STAP細胞)の細胞塊のT細胞受容体遺伝子についてPCR法で解析したところ、遺伝子の再構成が確認されたとのこと。。。おおっ!どっかに紛れ込んでた幹細胞じゃないんだ。。スゲェ!成熟T細胞から幹細胞が作れたぁ~本物じゃん!

しかし、その後、公開された実験プロトコルでは、「この方法だと再構成は認められない」って。。。オイオイ、何を言い出すんだ。それじゃ、根本的におかしいだろ?それじゃ、T細胞から作れた証拠になんないじゃん!


ってのが、事の真相だと、何処かで目にしましたが、マスコミは、いつもの調子で頓珍漢なのは、ご愛嬌でしょうかね。


最近、マスゴミ叩きも飽きてきてます。どうでもいいやって感じですね。

んで、小保方さんたち、T細胞を使わなけりゃ、良かったのにねぇ・・・・・。とは、素直な感想。でも、他の成熟した細胞からだと、絶対的な証拠を示せとか、いろいろあるから難しかったのかなぁ。

私の素人の直感では、成熟細胞から幹細胞への過程はあるっておもうんだけどねぇ。

小保方さんに対しては、いろいろと意見はあるかと思うけど、研究者だって人の子、生活しなきゃならんわけだし、いろいろあるんじゃないのかな。まぁ、いいけど。


話は変わって、、facebook の方にも書いたんですが、Aston Martin の車検代。

今、私のとっての一大関心事はコレです。

部品の高さに「さすがアストン」と唸ってばかりはいられません。ハッキリ言って、大変です。

車検を通すだけならなんとかなるんですが、交換推奨部品を純正品でやるとなると、開いた口が塞がらなくなります。そこで、ジェネリック医薬品、、、もとい社外品で見積しなおしたのですが、なにぶん、アストン、市中に出回っている台数の圧倒的な少なさが災いして、社外品が無い・・・・・。見積に手間取ってます。

こんなことなら、BMW にしておきゃよかった・・・なんて思うものの、やっぱ、車を前にしちゃうと、一瞬で吹き飛ぶんですよねぇ。後悔なんて。アストンは最高です。それに、、、、、

どこかの車雑誌で、その雑誌のライターさん、椎間板ヘルニアで歩けないほどになっちゃったものの、投稿の期限は迫るしで泣きが入っていた。しかし、ランボのアヴェンタドールの試乗レポートだけは、無理をしてでも、、、、って、乗ったら、坐骨神経痛がぴたりと止まったのだそうだ。

彼なりに考えたところによると、この鎮痛効果は、チープな車と違いシートの出来もさることながら、精神的な高揚感、、、、ドパミンがどうの、アドレナリンがどうのとかいてあったのだが、、、、、、まったく、それは言える!!!

自分も“椎間板ヘルニア”もちで、最近椅子に座ってる時間が長いせいか、臀部の痛みと足のしびれがきているのだが、アストンに乗って、エンジン回転4000回転以上に上げるとピタリと止まる。

医療機器としての効能もあるのだ。アストン・マーチン。

なんちゃって。


最後にもひとつ。先日、子猫をもらってきました。我が家のアイドルです。名前は「ルー」。比類なきかわいさは言うまでもありません。

ただ、まだ、誰にもなついておらず、毎日、リビングのパソコンの後ろに隠れ、全員が寝静まった頃に活動開始。夜中にご飯と排便、排尿を済ませてる模様。排便、排尿はしつけることもないのに、“にゃんとも清潔トイレ”にて用足し。

娘曰く、「ルーは天才じゃん」。。。。11歳にして親ばかぶりを発揮してます。

| | Comments (0)

August 24, 2013

女性を束縛したい気持ち・・・って?

20130824_easy_lover人類は(特別な地区の人たちを除いて)一夫一妻を制度としている。これは、英知の賜物である“法律(集団生活をうまくやっていくための方便)”で決めてるもんだとばっかり思ってたら、、、、なぁ~んと、一夫一妻は本能(進化の結果)だったんだぁ。

でも、その生物学的な特徴に“配偶者防衛戦略”って・・・・・。

男の嫉妬とか、女性を束縛したい気持ちとかなら、まだ、かわいい。でも“ストーカー”にまで発展すると・・・・・。で怖いのは、この本能がホモ・サピエンスには備わっている。。。。

ホントに一夫一婦制はたんなる“制度”じゃないの???

配偶者防衛戦略があるのは認めるとして、その表現型としていわゆる“性格”には、個体差が大きいんじゃないの?

逆に一夫多妻を望んでいる多くの?男性は、ストーカーの素養が無いってことなの?

愛する人はただ一人(The Only Flame in Town)

Science August 2 2013, Vol.341

哺乳類の中では特異なことであるが、ヒトは一夫一妻の生活が数十年間も続くことが多い、社会的に明白な一夫一妻婚である。

なぜか?

LukasとClutton-Brock (p. 526; Kappelerによる展望記事参照)は、進化の過程で一夫一妻制に移行した60種を含んだ、26の目にまたがる2500種の哺乳類のデータを精査した。

すべての事例で、一夫一妻となる種の祖先の条件は、メスが単独行動者であり、かつオスによる嬰児間引きが稀である条件であった。

一夫一妻制は、父親の養育活動を必要とすることへの応答としてではなく、主として配偶者防衛戦略として発生したようである。

【訳注】配偶者防衛戦略(mate-guarding strategy):雌が他の雄と交尾することを防ぐため、雄が雌の行動を制限すること
The Evolution of Social Monogamy in Mammals


ということで、自分の気持ちのホントのところを内省してみた。

---法律で“一夫多妻”が認められてたら、どうする?---
 多分、一人の妻だけにする。。。
  その理由は、多妻を養っていく経済力が無いから。

 庭から石油が湧き出たら、多妻を持つ?
  たぶん、多妻を持つ。

 その際、妻、一人一人に、他の男と交尾することを防ぐため、なにかしら行動を制限する?
  いや、しない。去るのもは追わずかな?

私にとって、、、というより、ほとんどの男性の感覚だと思うのだが、、、妻というのは、単に生物学的なメスという存在にとどまらず、必要不可欠な存在だと思うのだ。だから、上記の内省は、強いて言えばに近い。精神的には妻は一人で十分である。こういう存在に“浮気”をされると精神的に堪え、それ故、他のオスとの交わりを阻止しようとするんじゃないのかなぁ。

これが、単なる“生物学的なメスという存在”である“彼女”だった場合は、おそらく、、、というより、絶対、複数が欲しい。子孫を残す本能のなせる業だからね。

たとえば、若くてきれいな女性が目の前に現れたとして、その女性に一瞬心を奪われたとしても、想像力を逞しくして「一緒に生活が出来るか?」を考えると、「NO」となり、気持ちも萎えてしまうし。


この論文では、ヒト以外の動物についても観察しているので、“結婚”という制度は、“一緒に生活するペア”と考えればよいのだろう。

だとしたら、ストーカーをする個体は、結婚してるでもなく、結婚を前提に付き合っているでもないのに、想像力豊かに、対象のメスに対し他のオスとの交わりを排除する行為をすると言えるのかも。

ってことは、、、、、なぁ~だ、ストーカーをする個体は“脳”が壊れてるんだね!


20130824_aston_v8話は変わって、私は、車好きである。

車と彼女は、似ていると思う。同時に違ったタイプの車を複数所有したいからだ。今、手元には、MINI クロスオーバーとアストンマーチンがある。これで満足しているのかと問われれば、「NO」である。欲しい車は、アレとアレとアレと、、、、、、、軽トラックも。。。きりがない。

しかし、世の中には、一台の車にのみ愛情を注いでいる“男”もいる。私には理解できないが、車が“妻”のような存在になっているのかもしれないな。

車を“妻”のような存在に感じられれば、散財しないで済むことだけは確かなようだ。

| | Comments (0)

August 10, 2013

Aston Martin V8 Vantage

20130810_aston_martin_v8さてさて、久しぶりの更新です。しかも、車ネタで。。明日から夏休みっていうのもあるんですけど、やっと長距離ドライブが出来る喜びで、、、、、ウキウキしておるからであります。

6月27日の納車以来、満足できる距離を走ってませんでしたが、ようやく、時間が作れました。

R35 GT-R は結局5年間で約15000キロを走ったわけですが、手放すときはずいぶん悩みました。経済的に許されるなら手元に置いておきたい車の筆頭です。いまでも。新しい愛車は、Aston Martin V8 Vantage 。昔から気にはなっていた車でしたが、まさか、手に入れるとは夢にも思っていませんでした。普通のサラリーマンには“分不相応”でしたから。

GT-R の次は中古で BMW M3 か Z4 35is にしようと探していたのですが、縁とは不思議なもので、結局、手に入れたのは Aston Martin V8 Vantage 2006年モデルでした。

まっ、入手の経緯はこれくらいにして、、、、少ない走行距離で気づいた点をいくつか。GT-R との比較ということで。。。

まず、車の絶対重量はフィーリングには反映されないってことです(ココ、大事)。
GT-Rは、メチャクチャ軽いです。とくかく止まった状態からアクセルを踏んだ瞬間、「あっ、軽い」って誰でも感じられると思います。そういう軽さです。なにもかも、軽い! Aston は、正反対です。GT-R 1,740kg に対して、1,570kgと、かなり軽いにもかかわらず、そのフィーリングは「重々しいなぁ」です。

そして、速さも圧倒的に、GT-R が速いです。GT-R は一般道でのフルスロットルはフィーリングの軽さとあいまって“恐怖心”を引き起こしますが、Aston は安心して“踏め”ます。加速度に“ワクワク”を感じるわけですね。もちろん、高速道路では、GT-R は「気持ちいい」んですが、常に「使いこなしていない」感じが伴ってました。が、距離は短いとはいえ、Aston での高速走行は、「使いこなしている」感をヒシヒシと感じるのです。この「使いこなし感」ですが、自分なりに考察してみると、、、“物足りなさ”に行きつくのではないか・・・・と。

Aston なら「乗りこなせる」などと生意気なことをいうわけじゃありませんが、動作の一つ一つが、GT-R と比べると“重々しく”、“急”ではないので、「脳が機能する結果である“予測”に対応できる余裕が持てる」ということなのかもしれません。

かといって、Aston が遅いわけじゃありません。というか、385馬力もあるんですから。でも、速さを感じさせないんです。一言でいうと「手の内にある」って感じさせてくれるんです。


このブログを“Aston Martin V8 Vantage”で検索していらっしゃった方々の気になるのは、たぶん、“音”ではないかと思います。

「4000回転からの音は、所有者だけが知る喜び」なんて書いてあるのを、どこかで見かけましたが、確かに GT-R とは全く違います。GT-R は全回転域で“ボーボー”とやたら低音が強調され、ヘタするとただ「うるさい」だけですが、Aston はそのうるさい低音の“ボーボー”はきっちりと消去してあります。そして、4000回転を超えたとき、排気管のどこかのバルブが開くらしいですが、“爆音”に変わります。爆音はフェラーリとは違い、マセラティに近いかもしれません。

20130810_yas875_a5bicebアルトサックスで言えば、ヤマハの吹奏楽部系の音じゃなくって、キャノンボール※の硬くて荒い音、、、、ギターで言えば、エリック・クラプトンじゃなくって、ジミヘンの音って言うと、わかりやすいかもしれませんね。

とにかく、ちょっとしたトンネルを通過するときには、シフトダウンしたくなる“病み付きになる”音なのです。。。。っていうか、この音があるだけで、GT-R より遅くなっても、なんの“ひけ目”を感じることなく運転で出来るのです。

実をいうと GT-R からの乗り換えで、自分自身、ずぅ~と気になってたのが「遅さに我慢できるのか?」ということでした。だから、「最低限 M3 , M5 クラスじゃないとイカンナ。直ぐに我慢できなくなって、愛着も薄れて、売り払う羽目になるからな」でした(私は、速度絶対主義者だったのです。速い車がエライみたいな・・・)。

しかし、しかし、、、、Aston Martin V8 Vantage は、ある意味、自分の価値観をぶち壊してくれた・・・・・「車は、絶対的な速さじゃないよ」なんて事いう奴は、速い車を所有できないヒガミなんじゃないのか、、、なんて、思ってたから「最低限 M3 , M5 クラス」だったわけなのですが、、、

車は、速さじゃないんですね!

フィーリングなんです。車は。そして、それは“スペック”で表せるものではないんです。絶対重量の違いじゃないんです。たとえば、サーキットでタイムを詰めるのには、“スペック”は重要なんだと思いますが、“運転によるワクワク感”は、“スペック”では語れないことを、身を以て感じたってわけです。

ただ、感覚器官より脳へ入力される刺激によって惹起される反応が、“快”なのか“不快”なのかは、個人差が大きいため、私の到達した「フィーリングなんです。車は」は、十人十色であることは否定しません。まぁ、“軽自動車”や“ワンボックス・ミニバン”でドパミンやらエンドルフィンやら・・・なんて話は“信じがたい”ですけどね。


ともかく、来る月曜日~火曜日に、Aston Martin V8 Vantage と約1000キロの一人旅に出ることになりましたので、また、ここになにかしらの記録を残すかもしれません。

ところで、最近、アルトサックスを習い始めました。。。とはいっても、自己流です。スクールにも行きたいのですが、、、、いろいろ、身のまわりが慌ただしくて、ままなりません。アルトサックスネタでも、色々と書きたいのですが、、、、はやく、書ける環境になってほしい・・・今日この頃です。

※写真の二本は、金色は従兄弟から借りてるヤマハYAS-875、黒色は買ったばかりのCannonball / A5B iceB 。吹奏楽部の娘とセッションして楽しんでます。

| | Comments (1)

June 25, 2012

アイドリングストップ機能(日産マーチ)の体験談

20120625_march01_1024x768非日常の体験は、良きにつけ悪しきにつけ、大脳皮質に刺激を与えるくれる。重力加速度を感じることも、その一つだ。例えばこの刺激、ビルの屋上からの不本意の落下は恐怖だが、パラシュートを背負っていれば、快感に代わる。

同様に、水平移動での急加速もかなりの恐怖だが、安全が約束されていると快感に変わる。R35 GT-R の加速は、ある意味“恐怖”なわけだが、右足を緩めれば、その恐怖から開放されることがわかっているので、その暴力的な加速度は、快感になる。そしてまるで麻薬のように、加速度は肉体に耐性を生じさせる。一度、味わうと、もっと激しい刺激が欲しくなるのだ。


昨日、我が愛車を定期点検に持ち込んだ。その間の代車として用意されたのは、マーチだった。

アイドリングストップ機能のついたヤツだ。。。。

これ、ある意味、私のイメージしている“車”という乗り物とは全く別物だった。

まず、“加速度”を感じない。信号で止まると“静寂”が訪れる。。。大脳皮質が刺激されない。そう、アドレナリンが分泌される“時間”が無いのだ。人生の半分以上を、車とともに過ごしてきた私だが、どんな車でも、アドレナリンが分泌されない事はなかった。今までは・・・・。

ところが、このマーチは、いわゆる“やる気満々”を恐ろしく、殺ぐ車だ。信号でエンジンが止まってしまった瞬間、全てのやる気が殺がれ、弛緩してしまう。エンジンが止まっている状態からの“加速勝負”なんて、やる気も起きない・・・・。


というわけで、私にとって、新鮮な感覚を味わいながら、ディーラーからの帰路だった。

さて、そのアイドリングストップだが、サスガに日産が満を帰して?リリースしただけに、非常に自然である(価格の割りに?)。

信号手前からブレーキを踏みつつ減速し停止した瞬間、「うん」と一呼吸おいて、エンジンが止まる。そして、信号が青になりブレーキから足を離すと、瞬時にエンジンはスタートする。この間、1秒もかからない。ミッションのシフトスケジュールは、恐ろしくハイギヤードだ。( CVT だから、ハイギヤードって表現は適切じゃないけど、うまい言葉が見つからない)その為、体感できる加速度が無い。定速走行にイタっては、まるでアイドリングで走っているかのよう。(タコメーターが無いから、よくわかんないんだけど)アクセラレータを踏みつけても、劇的なことは何も起きない。ギクシャクしない。

いたって、滑らかに走行できる。まるで、タクシーの運転手のように。。。

信号で止まるたびに、シフトレバーを操作して“N”に入れる人は注意したほうが良い。停止しててもエンジンが再スタートしてしまう。これは、方向転換もしくは車庫入れの為の措置だと思われる。事実、帰宅して車庫に入れる前、そうだったから。アイドリングストップを満喫するには、Dレンジに入れっぱなしが基本。

一つ注意が必要なのは、右折する時だ。

大きな交差点の右折レーンでは気にならないけれど、信号の無い交差点や、進行方向右側の施設に入る時など、車の流れを見切って、俊敏に発進させなきゃならない場合には、少々、神経を使う。トロイから、クラクションを鳴らされるかも知れない。

それさえ、気にならなければ、とても良い“乗り物”である。

“乗り物”と定義したのは、私にとっては、このような乗り物は“車”とは呼べないからだ。バスや電車と同じような移動手段なのだ。そう、自分で運転する“移動手段”。このように割り切って、“車”を使っている人は、多分、多いのだろう。私には理解できないけど。


さて、先日、大学時代の友人たちに、久しぶりに会った。いろんな話をとめどなくした。

そこで、言われた。「やっぱ、マニアックだなぁ。変わんないね」と。そういやー、そうだった。オレ。昔から。

昨日も、マーチでの帰路、楽器店によって、アルトサックスのリードとスタンドを買ったのだが、最近、アルトサックスが気になってしょうがない、一つの理由に、メカニカルな部分への憧憬がある。

カッコイイ。。。。。所有して、眺めているだけでも、心は幸せになれる。

「楽器なんて音がすりゃイイジャン」???? いや、ダメ、それ自体がかっこよくなきゃ。

「車なんて走ればイイジャン」???? いやいや、ダメダメ。アドレナリンを分泌させてくれる何かが無きゃ。


でも、マーチは、私にとって、不必要なものじゃなく、いつかは所有するかもしれない・・・・。ドキドキさせてくれる“車”が、世の中になくなったら、選ぶのはこんな“乗り物”かもしれないから。

| | Comments (0)

April 25, 2012

本物だよ!!このボクサーエンジン

20120425_boxer水平対向エンジンとV型180度エンジンの違いを知らない人は多い。それをいい事に、何を隠そう、あのフェラーリでさえ、V型180度12気筒エンジン搭載の車に、512BB とか名前をつけている。まぁ、フェラーリの場合は、確信犯でベルリネッタ・ボクサーなんだろうけど!

巷では、トヨタとスバルのコラボ、86 と BRZ の話で持ちきりである。

どれくらい、持ちきりかというと・・・。

仕事中、患者さんと BRZ の話で盛り上がっちゃうくらい、、、、。

私の職場では、待合室には私の趣味で車の雑誌が多数置いてある。「車、好きなんですかぁ」程度の会話は多いけど、単一の車種で「アレ、いいですよねぇ」「欲しいんだよ。値段もでごろだしさぁ」「半年とか、それ以上も納車待ちらしいですよぉ」とか、、、

話は広がり、エンジン音とか排気音といったマニアックな部分にまで飛び火して、、、と。

ところで、私が、86、及び BRZ に興味があったのは、“車を走らせる楽しみ”に関してであり、メカニカルな部分、すなわち、ボクサーエンジンにあったわけじゃない。

日本人の何パーセントの人が、正しく、水平対向エンジンとV型180度エンジンの違いをを説明できるのだろう?なんて考えると、ほんんどの人は、そんなことには興味は無いだろうし、現に私も、そんな事など、全く気にしてなかった。写真を見るまでは。

そんな中でトヨタとスバルが、「名前だけが“ボクサーエンジン”なら、なんら問題ないんじゃない?」なんてやっちゃっても、誰も問題にしなかっただろう。

でも、トヨタとスバルは、、、大真面目に、水平対向エンジンを作ってきたのである。

エライ!!

もしかしたら、“スバリスト”などと呼ばれている人達にとっては、当たり前のことなのかもしれない。彼らは、スバルの職人気質のような真面目なモノつくりの態度に対して、好感を持っているのかも。。。。

さて、その水平対向エンジンなんだけど、、、『フェラーリ ベルリネッタボクサー(FERRARI BB)』で挿入した図を見てもらえれば、100の言葉よりわかりやすいと思うんだけど、カウンターバランス・・・とでも言うのだろうか、基本的には、ピストン運動による振動を相殺できる仕組みになっいている。そこが、V型180度と違うところ。

で、写真を見ると、、このクランクシャフト、、、まさに、水平対向、ボクサーエンジンだね。

で、水平対向エンジンは、やっぱり6気筒より4気筒が合理的で合目的!!

必然的にショートストロークになるだろうから、下のトルクは細い・・・・かと思いきや、このエンジンは、下でもしっかりとトルクがついてるんだとさ。


下のトルク---エンジンの回転数が低い時のこと---で思い出したけど、昔、バイク仲間とツーリングに行ってた時代(独身時代)、いろんなバイクに乗りたくって、レンタルしてた事があった。この時、感じたのは、同じインラインフォアでも Kawasaki は下のトルクが細くって、 Honda は太い。気合を入れて走るときには、回すから下のトルクなんて気にならないんだけど、ゆっくりと走るときには、Kawasaki は、、、、疲れる。マニアックなバイク乗りには Kawasaki が好きな人が多くって、、、、、俺は、、、やっぱ、Honda だな。


86、にしても BRZ にしても、年がら年中、ぶん回して走るってワケじゃないだろうから、下のトルクは、大事だなのだ。

そこは、、、スバルに一日の長があるんだろうね。。。。

ハッキリ言って、BRZ ますます好きになりました。スバルの企業としての真面目な態度にも惚れました。でも、多分、買わない。買うとか買わないというより、乗りたいって言ったほうが正確かな。BRZ を所有したいんじゃなくって、「乗りたい」んだよねぇ・・・。道路交通法を気にせず乗れるところ、サーキットで。10回くらい乗り回したいなぁ。

きっと、面白いんだろうなぁ。

| | Comments (0)

April 23, 2012

Mr.Bean(Rowan Atkinson)は、速っ!!!

20120423_mrbean_topgrear01いやー、知りませんでした!ミスター・ビーンがあんなに速かったなんて!!トム・クルーズよりも、キャメロンディアスよりも速い・・・・・。

最新作『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』では、相変わらず、面白さ爆発らしいのだが、あいにく、これは観ていないんだよねぇ。

ミスター・ビーンのローワン・アトキンソンには、あまり興味が無かったってのが、映画を観なかった最大の理由なんかだけど、これからは違います。私、“速い男”が好きですから・・・・(なんか、変?)

というわけで、ここで、彼の走りがみられるのだ。この投稿は、英国 BBC 自身がやってるので、削除されないとは思うけど、早めに見るが、吉!

で、昨日、撮り溜めてあった、今、放送中の TopGear シリーズ18 を見ていたんだけど、エピソード2 で、マット・ルブランクに抜かれるまでは、首位をキープしていたのですよ。ミスター・ビーンがっ!!


20120423_mrbean_topgrear02Rowan Atkinson ってのが、誰だかわかんなかったワケじゃなくって、、、、っていうか、2012 シーズン17 の時に、何回分かの放送を録画し損ねて(多分、HDD の空き容量不足)、Rowan Atkinson の回を見てなかった。だから、シリーズ18・エピソード2 でトップにランクされている Rowan Atkinson って名前をみてもピンとこなかった。ミスター・ビーンだって気づかなかった・・・・・一瞬、頭をよぎったものの、まさか、あの“変な役者”じゃねぇだろう・・・って。

一緒に観ていた妻が、 Rowan Atkinson って、ミスター・ビーンじゃないの?って言ってたにも関わらず、「そんなワケねぇじゃん。似た名前の人がいるんじゃないの?」なんて、、、、

でも、気になって、YouTube で、検索したら・・・・・


事実を妻に告げたときの、彼女のしたり顔・・・・・・・・・・。

まぁ、それは、おいといて、、、、

感動しました。あのクレバーなライン取り。私は、サーキットデビューを果たしてますから、全くのシロウトというわけじゃ、ありません(どうだ、まいったかぁ!)。その私が言うのだから、本物です。

速い人は、“遅く見える”んですよねぇ。無駄が動きがないから。ドリフトなんかやると、一見、速そうだけと、コレがちがうんですよねぇ。ドリフト出来ない負け惜しみですけど(雪道では出来ますけど。。。負け惜しみ)。

話は変わって、トップに躍り出た“マット・ルブランク”ですが、、、、どこかで見たなぁ・・・って、、、「これ、誰だっけ、見たことあるなぁ・・・」ってぶつぶつ呟いてたら、娘が、「あぁ~、チャリーズ・エンジェルでキャメロンディアスの彼氏だったヤツだぁ・・・・」って。

    娘のしたり顔ぉ~

「おとうさん、男だから、きっと、キャメロンディアスばっかり、見てたんだよ」って、変な、苦し紛れな、イイワケまで飛び出しちゃって・・・・・。何でも知ってるお父さんの面目、丸つぶれです。


さて、映画といえば、この間、ダニエル・クレイグの「ドラゴン・タトゥーの女」を見て来ました。ブログに書こうって思いながら、書くタイミングが無くって、今になっちゃったんですが、私、スウェーデン版の「ドラゴン・タトゥーの女」も見てるので、両作品の違いなんぞを!!

ダニエル・クレイグの「ドラゴン・タトゥーの女」を観る事になったのは、もちろん、ダニエル・クレイグが好きだからって理由なのだが、、、映画を見て「ドラゴン・タトゥーの女」のシナリオ自体も、気に入ってしまったのだ。

いや、実は、コレ、妻が、まず小説を読み、気に入って、一人で映画館まで足を運び「おもしろかったぁ」って。スウェーデン版の「ドラゴン・タトゥーの女」は、メジャーな映画館では上演されなかっし、話題にも上らなかった映画だ。妻は、ネットで「東京だと、ここでしかやってないんだぁ」とか、一人でぶつくさ言いながら検索してた。

そうこうするうちに、WOWOW でスウェーデン版の「ドラゴン・タトゥーの女」が放送され、それを録画して観たのが、私の初回の観覧。この時、ストーリーの展開の“カッタルサ”に飽きてしまって、途中で、居眠りしてしまったほど。

だから、ダニエル・クレイグ版「ドラゴン・タトゥーの女」の上映の予告があった時、妻から「絶対、観ようね」って言われたけど、正直言って、気乗りはしなかった。ダニエル・クレイグが主演しているからって、それだけの理由で見に行ったのだった・・・・・。


ところがっ!!!!


面白い!!!!

ネタバレは書かない事にするけど、ストーリーがこれほど、面白かったとは・・・・って感じで、家に帰って、スウェーデン版をじっくり見直し・・・・・

面白い!!!!


ディテールの違いはある。特に、ミレニアムの編集長と記者ミカエルとの“恋愛関係”の描写は、かなり違うと思う(俺が思っただけかも。妻は、スウェーデン版でも“出来てる”のわかったよって言ってたから。俺がニブイ?)。もっとも、それは、主たるストーリーには、なんら関係のないところなんだが、ドラゴン・タトゥーの女=リズベットに感情移入してしまった人には、ちょっと、意味の違うものになるのかなぁ・・・。

お金のかけ方にも、明らかな違いが。

私、車好きだから、すぐわかっちゃった。。。。

映画の終板、犯人は、車で逃走するんだけど、その車、スウェーデン版では、20年も前の古ぼけたレンジローバーなんだけど、ダニエル・クレイグ版では、最新のレンジになっている。惜しげもなく(っ手表現は大袈裟だけど)、砂漠のロールスロイスをぶっ潰す気前の良さは、さすが、ハリウッド映画ならではだ。

20120423_astonさすが、ハリウッドと言えば、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』でも、惜しげもなく、BMW X 5 と、650 をぶっ潰してたっけ。そんなこと言い出したら、ダニエル・クレイグ主演、『007 カジノ・ロワイヤル』じゃ、あの、アストン・マーティン DBS をぶっ潰してたからなぁ・・・・さすが、アストンは、「もったいねぇ・・・、オレにくれぇ~~~』って、心が叫んだ(ちゃちい、アメファ・ロメオが追いついてくるのには白けたし)。


ドラゴン・タトゥーの女に戻って、リズベットの描き方も、違いは見られる。

はっきりいって、スウェーデン版の方が、コンピュータオタクっぽさが伝わってくる。っていうか、ダニエル・クレイグ版のリズベットは、オタクには見えない。アレくらいなら、今時の女子大生なら、普通にこなす(と思う。薬学生しか見てないから、全体像ではないとは思うけど)。

20120423_lisbethコンピュータやネットの仕組みについて、とんでもない知識と技術があればこそ、最後のシーンに納得が行くのだが、ダニエル・クレイグ版では、、、、惜しい。でも、恋愛の心理描写に関しては、ダニエル・クレイグ版の勝ち・・・って感じかなぁ。


「ドラゴン・タトゥーの女」は、ミレニアム1,2,3と三部作になっている。多分、ハリウッド版作られるだろうから、これからも楽しみである。WOWOW で放送された、ミレニアム2,3も、また、見直しだ。

それから、Mr.Bean(Rowan Atkinson)の映画、これからは、観ますよぉ~!!

| | Comments (0)

April 09, 2012

なんで、ファイザーじゃなくって、アボットなんだろう?

20120409_gtr_roof_before今年も、愛車が花粉の被害にあいました。(before)


20120409_gtr_roof_afterしかし、昨年、教えてもらった“お湯”で治療しました。(after)

効果は、劇的!特効薬です。お湯!

写真ではわかりづらいですけど、ルーフに映りこんでいる車庫の“屋根の骨”部分に注目してもらえるとわかりやすいかも。

ここにある“水滴のしみ”のようなものが“花粉のしみ”です。花粉が車体に積もった後、雨に降られると発症します。青空駐車場なら綺麗に流れちゃうのでしょうが、中途半端に屋根があるといけません(ガレージ欲しいっス)。この“シミ”、車用洗剤でも落ちません。しかぁ~し、沸騰させたお湯をかけると「アラ不思議」、綺麗に消えちゃうんですよね、これが。

でも、2~3ヶ月放置プレーで固着?させちゃうと、無理みたいです。

去年は放置で痛い目にあいましたからね。。。。。


というわけで、、、本題。

アボットがALK融合遺伝子を検出するFISHキットの承認を獲得した!!

EML4-ALK Mutations in Lung Cancer That Confer Resistance to ALK Inhibitors」でも取り上げた、クリゾチニブ、、、この時のエントリーは、ALK融合遺伝子陽性肺がんの特効薬で、すでに“耐性”がみられたよって内容をネタにしたんだけど、ようやく、日本でも、承認され保険で使えるようになった。。。。

かなり、遅いねぇ、日本の薬事行政は、、、、、あっ、だけど、後から「なんだかんだ」いう人たちもいるから、しょうがないのかも・・・日本では。それに、抗生物質の耐性獲得とは、まったく違うから、遅いからって、使い物にならんってこともないしね。

というわけで、今回は、そんなことはどうでもいいんだけど、このクリゾチニブ、echinoderm microtubule associated protein-like 4(EML4)遺伝子とanaplasticlymphoma kinase(ALK)遺伝子が染色体転座により融合した遺伝子を有する肺がんにだけしか効かないので、その融合遺伝子を“検出”しなきゃならない。

EML4 + ALK のない肺がん患者には、まったく無意味だから。

で、日本人の場合、このタイプは、全肺がん患者の5%くらいなんだとさ。

面白い事に、この検出キットは、クリゾチニブを作ったファイザーじゃなくって、アボットが開発したとの事。

なんで、ファイザーじゃなくって、アボットなんだろう?

アボットが作ってくれなかったら、どうするつもりだったんだぁ?ファイザーは?

えっ?そんな心配はない?みんな金のなる木には群がるから??


非小細胞肺癌患者におけるALK融合遺伝子の検査については、日本肺癌学会が“肺癌患者におけるALK遺伝子検査のてびき”をまとめ、ALK遺伝子検査のアルゴリズムを作成しているとのこと。

ここでは、まず、、、

免疫染色法によってALK融合遺伝子の産物であるたんぱく質を評価する。
免疫染色で陽性の結果が得られれば、FISHによってALK遺伝子が転座したこと(つまりALK融合遺伝子ができてしまったこと)を検出するという手順を示しているらしい。

免疫染色が陰性であっても、40歳以下で非喫煙者、粘液産生を伴う篩状増生パターンを示す腺癌、印環細胞癌、TTF-1陽性粘液産生性腺癌など形態学的特徴を示しALK融合遺伝子陽性肺癌が疑われる場合はFISHによる確認を行ってもよい、としているとのこと。


20120409_van_halen・・・・40歳以下で非喫煙者ってのは、どういう意味なんだろう?

ということは、40歳以上で、喫煙者は、差別される??

えっ?40歳以上までタバコを吸ってる人が肺がんになった時には、他の遺伝子が壊れまくっているから?「念のために」なんて必要ない??

まっ、世の中、よくわかんない事なんてざらにあるし、とってつけたような理由を聞いても、印象に残んないしね。知りたくも無いかっ!

それに、科学に“人間主義”を持ち込むと、“現象”の解釈はアンビバレントになっちゃうしね。

そう、以下なんかは、悩ましいよねぇ!タバコを吸ってて死の淵から生還した者は、アルツハイマーになりにくいってんだから。

喫煙関連がんサバイバーのADリスクは74%低下、でも別のリスクが上昇

[2012年3月13日]
米フラミンガム心臓研究

 米ボストンVAメディカルセンターのJane A. Driver氏らは、地域人口を対象に長年行われている前向きコホート、フラミンガム心臓研究から、がんとアルツハイマー病(AD)の関連に関する報告を2012年3月12日のBMJ(2012; 344: e1442)で行った。それによると、がんサバイバーのADリスクはがんに罹患しなかった人に比べ33%減少、特に喫煙に関連するがんのサバイバーでは74%ものリスク低下が見られた。一方、追跡期間中にADと診断された人がその後がんを発症するリスクは61%低下していたという。ただし、もちろん喫煙関連がんから運良く生還できて、ADリスクも低くてもハッピーエンドというわけではないようだ。同氏らは喫煙者では別のリスクが上昇していたとの結果も示している。そのリスクとは?

「がんと神経変性疾患は共通の経路を介して発症」

 がんサバイバーのADリスクの低下、およびAD患者のがんリスク低下を示唆した報告は過去にいくつか行われている。パーキンソン患者でも同様の報告がある。がんとADなどの神経変性疾患の一部にはp53などの遺伝子の関連のほか、共通の経路が見いだされているとDriver氏ら。同じ経路が受けるシグナルにより、がんでは無限の細胞増殖が起こる半面、神経変性疾患の場合では細胞のアポトーシスにつながると考えられており、新たな治療標的としても注目されるという。

喫煙関連がんサバイバーは脳卒中リスクが2倍

 今回の検討ではフラミンガム心臓研究の参加者のうち、ベースライン時(1986~90年)に認知症のない65歳以上の1,278人(男性38.8%)が対象とされた。がんサバイバーは176人(平均年齢77歳)、がんの既往のない人が1,102人(同76歳)だった。

 10年(中央値)の追跡期間中、221例がADと確定診断(probable AD)された。年齢、性、喫煙の有無を補正した後の、がんサバイバーの非がん患者に対するAD確定診断のハザード比(HR)は0.67(95%CI 0.47~0.97)であった。喫煙と関連するがんサバイバーのHRは0.26(同0.08~0.82)と特にリスク低下が大きかった。一方、喫煙に関連しないがんサバイバーのHRは0.82(同0.57~1.19)。

 しかし、喫煙関連がんサバイバーでは非がん患者に比べ脳卒中の発生リスク増加が認められた(HR 2.18、95%CI 1.29~3.68)。

 コホート内症例対照解析によるAD確定診断患者のその後のがんのリスクは対照群に比べ低下(HR 0.39、95%CI 0.26~0.58)。同様の傾向はADと推定された患者(possible AD、HR 0.38)およびすべての認知症患者(0.44)で見られた。

 また、80歳以上の生存者だけを対象としたサブグループ解析においても、がんの既往とADの逆相関、喫煙関連がんサバイバーの脳卒中リスクは同様に確認された。

 Driver氏らは今回の研究の強みとして、50年あまりの長期にわたる前向きコホート研究により、先行研究で指摘されていたがん患者の選択的死亡(selective mortality)やADの過小診断の問題を少なくできたことなどを挙げている。一方、今回の検討以前にがんにより亡くなった人は含まれていないなどの限界があるとしている。しかし、今回は、生存バイアスの影響を減らすべく複数の手法を用いており、従来指摘されていた、がんとADの逆相関の可能性を支持するものだと述べている。

| | Comments (0)

December 06, 2011

ノーバート・ウィーナーとFT-86

20111206_ft86「一般に協力というものは、自分の領域について実体験とほぼ十分な知識とを持ち、相手の領域については討論できるだけの知識を持っているということが条件である」

この言葉に出会ったのは、ひょんなことから、、、なんだけど、その経緯(っていうほどのものじゃないんだけど・・・)から。。。

私の場合、薬学生の実習の“ネタ”に、研修医向けのテキストを利用することがある。薬局でセルフメディケーション薬を選択するプロセスに、その思考ロジックが参考になることが多いからだ(といっても、私自身は店頭でのOTC販売の経験はないんだけど・・・)。

で、第3期の学生を迎えるに当たっての“ネタ”探しをしてたら、、、

諏訪中央病院の総合診療科のオリエンテーション用?の pdf ファイルに hit した。その中に、この言葉が書いてあったのだ。
【隣の病い】(ちくま学芸文庫)
・中井 久夫
・筑摩書房
・新書 (ASIN: 4480092668)
・カテゴリー: 医学・薬学
からの“引用の引用”だそうだ。(pdf ファイルでは、【精神科医がものを書くとき[Ⅱ] P51】中井久夫 広英社 より引用って書いてあったけど、たぶん、それはこの本をもとにしたエッセイかなにかだろう。中井氏がノーバート・ウィーナーの言葉を引用した経緯でもかいてあったのかも)

私は、著者の“中井 久夫”を知らなかったのだが、その道では有名な方らしい。ついでに、ノーバート・ウィーナーという人も、恥ずかしながら知らなかった。


でも、その人が提唱した「サイバネティクス理論」は知ってはいた。


渡り鳥の飛行を観察して「通信と制御」という論文を発表し、その中で「サイバネティクス理論」を発表した・・・と。この理論は仮想空間を表現する「サイバー」という言葉の語源になったばかりでなく、コンピュータサイエンスや航空宇宙サイエンスなど多くの分野で応用されている。

ノーバート・ウィーナー は wikipedia で検索すれば、彼の“天才ぶり”が良くわかるのだが、不思議と、巷では“有名”じゃない(みたい)。

さてその「サイバネティクス理論」だけど、、、、

渡り鳥は種類によるけど、一回に何千キロも飛ぶ。もし、出発の時点で、飛び出す方向を決めてるとしたら、その角度がほんの1度でも狂えば全く違う場所にたどり着いてしまう。でも、実際は、ほぼ、ピンポイントで目的地に到着している。しかも、大自然の中を飛んでいくので、天気も湿度も気圧も風向きも毎回違っているはずなのに。。。。

どうして、そんな事が出来るのか?と、ノーバート・ウィーナーじゃなくても、疑問に思うだろうけど、天才は、その後が違う・・・・。

閃いたのは、「弓矢や弾丸のように最初に方向を定めて出発し、直線的に飛んでいくのではなく、途中で何度も軌道修正しながら飛んでいくのではないか」と(知って後ではなんてこたぁないんだけどね、、、)。

そうすると、また、新たな疑問が。。。。

「じゃ、軌道修正はどうやってんだ?」と。

で、すったもんだの挙句、もろもろの考えをまとめ、1947年に「通信と制御」という世界に衝撃を与えた論文を発表し、この論文の中で体系化したのが「サイバネティクス理論」というわけなのだが、、、、

ウーィナー博士が、「一般に協力というものは、自分の領域について実体験とほぼ十分な知識とを持ち、相手の領域については討論できるだけの知識を持っているということが条件である」に至ったのは、氏の経験からなんだろうなぁ・・・と、ふと、おもったりしたわけだ。

博士が立ち上げた研究プロジェクトなど、あっさり解散してしまうあたり、天才であるが故の“奇行”ともとれるんだけど、でも、彼とまともに議論できる“頭脳”を持った研究者が、同時期に周囲に存在していなかった故とも取れる。

で、「協力するって、あいつら、一方的に、オレにおんぶにだっこジャン」って感じてしまったのかも。


まぁ、どんな経緯で、この言葉が生まれたのかは置いといて、つくづく、自分自身を見つめなおすのに、有用な言葉だなぁと感じたわけよ、オレは。世の中、簡単に「協力しますよぉ~」なんて、軽いのりで語るヤツがおおいけど、協力するのは、簡単じゃないんだぞと、いいたいねっ。(オレの周りなんて、自分の領域すら満足じゃないやつらで満たされてるもんなぁ・・・)


さて、周辺環境と「通信(コミュニケーション)しながら制御」し、結果をフィードバックすることを繰り返しながら小刻みに軌道を修正(制御)するってのは、実際、人間なら、だれでもやってることで、動物でも、渡り鳥でもやってることなんだけど、それを“言葉”にしたところが、スゴイ。

たとえば、ドリフト走行。コレ、渡り鳥が目的地にたどり着くプロセスと同じことを、短時間に、激しく、やっている。

で、ドリフト走行といえば、『86』。

(・・・やっと、ここまで来たぁ!!)

FT-86の凄いところは、トヨタがメーカーとして“改造”を奨励しているところ。普通なら、改造はメーカーには敬遠される。GT-Rなんて酷いもんだ。一切の改造は認めない。やったら、メーカー保障は無いってんだもん。それをトヨタは、、、

メーカーとユーザーとチューナーが三位一体となって協力しつつ盛り上げていこう・・・と。

いやいや、まさに、“協力”というのは、コレですよ!!お互いがお互いを必要とし、お互いにお互いが何が出来るのかを知っていて、お互いに要求を出し合える・・・・・・。

FT-86 欲しいぞっ!

| | Comments (0)

より以前の記事一覧