« March 2013 | Main | November 2013 »

August 2013

August 24, 2013

女性を束縛したい気持ち・・・って?

20130824_easy_lover人類は(特別な地区の人たちを除いて)一夫一妻を制度としている。これは、英知の賜物である“法律(集団生活をうまくやっていくための方便)”で決めてるもんだとばっかり思ってたら、、、、なぁ~んと、一夫一妻は本能(進化の結果)だったんだぁ。

でも、その生物学的な特徴に“配偶者防衛戦略”って・・・・・。

男の嫉妬とか、女性を束縛したい気持ちとかなら、まだ、かわいい。でも“ストーカー”にまで発展すると・・・・・。で怖いのは、この本能がホモ・サピエンスには備わっている。。。。

ホントに一夫一婦制はたんなる“制度”じゃないの???

配偶者防衛戦略があるのは認めるとして、その表現型としていわゆる“性格”には、個体差が大きいんじゃないの?

逆に一夫多妻を望んでいる多くの?男性は、ストーカーの素養が無いってことなの?

愛する人はただ一人(The Only Flame in Town)

Science August 2 2013, Vol.341

哺乳類の中では特異なことであるが、ヒトは一夫一妻の生活が数十年間も続くことが多い、社会的に明白な一夫一妻婚である。

なぜか?

LukasとClutton-Brock (p. 526; Kappelerによる展望記事参照)は、進化の過程で一夫一妻制に移行した60種を含んだ、26の目にまたがる2500種の哺乳類のデータを精査した。

すべての事例で、一夫一妻となる種の祖先の条件は、メスが単独行動者であり、かつオスによる嬰児間引きが稀である条件であった。

一夫一妻制は、父親の養育活動を必要とすることへの応答としてではなく、主として配偶者防衛戦略として発生したようである。

【訳注】配偶者防衛戦略(mate-guarding strategy):雌が他の雄と交尾することを防ぐため、雄が雌の行動を制限すること
The Evolution of Social Monogamy in Mammals


ということで、自分の気持ちのホントのところを内省してみた。

---法律で“一夫多妻”が認められてたら、どうする?---
 多分、一人の妻だけにする。。。
  その理由は、多妻を養っていく経済力が無いから。

 庭から石油が湧き出たら、多妻を持つ?
  たぶん、多妻を持つ。

 その際、妻、一人一人に、他の男と交尾することを防ぐため、なにかしら行動を制限する?
  いや、しない。去るのもは追わずかな?

私にとって、、、というより、ほとんどの男性の感覚だと思うのだが、、、妻というのは、単に生物学的なメスという存在にとどまらず、必要不可欠な存在だと思うのだ。だから、上記の内省は、強いて言えばに近い。精神的には妻は一人で十分である。こういう存在に“浮気”をされると精神的に堪え、それ故、他のオスとの交わりを阻止しようとするんじゃないのかなぁ。

これが、単なる“生物学的なメスという存在”である“彼女”だった場合は、おそらく、、、というより、絶対、複数が欲しい。子孫を残す本能のなせる業だからね。

たとえば、若くてきれいな女性が目の前に現れたとして、その女性に一瞬心を奪われたとしても、想像力を逞しくして「一緒に生活が出来るか?」を考えると、「NO」となり、気持ちも萎えてしまうし。


この論文では、ヒト以外の動物についても観察しているので、“結婚”という制度は、“一緒に生活するペア”と考えればよいのだろう。

だとしたら、ストーカーをする個体は、結婚してるでもなく、結婚を前提に付き合っているでもないのに、想像力豊かに、対象のメスに対し他のオスとの交わりを排除する行為をすると言えるのかも。

ってことは、、、、、なぁ~だ、ストーカーをする個体は“脳”が壊れてるんだね!


20130824_aston_v8話は変わって、私は、車好きである。

車と彼女は、似ていると思う。同時に違ったタイプの車を複数所有したいからだ。今、手元には、MINI クロスオーバーとアストンマーチンがある。これで満足しているのかと問われれば、「NO」である。欲しい車は、アレとアレとアレと、、、、、、、軽トラックも。。。きりがない。

しかし、世の中には、一台の車にのみ愛情を注いでいる“男”もいる。私には理解できないが、車が“妻”のような存在になっているのかもしれないな。

車を“妻”のような存在に感じられれば、散財しないで済むことだけは確かなようだ。

| | Comments (0)

August 10, 2013

Aston Martin V8 Vantage

20130810_aston_martin_v8さてさて、久しぶりの更新です。しかも、車ネタで。。明日から夏休みっていうのもあるんですけど、やっと長距離ドライブが出来る喜びで、、、、、ウキウキしておるからであります。

6月27日の納車以来、満足できる距離を走ってませんでしたが、ようやく、時間が作れました。

R35 GT-R は結局5年間で約15000キロを走ったわけですが、手放すときはずいぶん悩みました。経済的に許されるなら手元に置いておきたい車の筆頭です。いまでも。新しい愛車は、Aston Martin V8 Vantage 。昔から気にはなっていた車でしたが、まさか、手に入れるとは夢にも思っていませんでした。普通のサラリーマンには“分不相応”でしたから。

GT-R の次は中古で BMW M3 か Z4 35is にしようと探していたのですが、縁とは不思議なもので、結局、手に入れたのは Aston Martin V8 Vantage 2006年モデルでした。

まっ、入手の経緯はこれくらいにして、、、、少ない走行距離で気づいた点をいくつか。GT-R との比較ということで。。。

まず、車の絶対重量はフィーリングには反映されないってことです(ココ、大事)。
GT-Rは、メチャクチャ軽いです。とくかく止まった状態からアクセルを踏んだ瞬間、「あっ、軽い」って誰でも感じられると思います。そういう軽さです。なにもかも、軽い! Aston は、正反対です。GT-R 1,740kg に対して、1,570kgと、かなり軽いにもかかわらず、そのフィーリングは「重々しいなぁ」です。

そして、速さも圧倒的に、GT-R が速いです。GT-R は一般道でのフルスロットルはフィーリングの軽さとあいまって“恐怖心”を引き起こしますが、Aston は安心して“踏め”ます。加速度に“ワクワク”を感じるわけですね。もちろん、高速道路では、GT-R は「気持ちいい」んですが、常に「使いこなしていない」感じが伴ってました。が、距離は短いとはいえ、Aston での高速走行は、「使いこなしている」感をヒシヒシと感じるのです。この「使いこなし感」ですが、自分なりに考察してみると、、、“物足りなさ”に行きつくのではないか・・・・と。

Aston なら「乗りこなせる」などと生意気なことをいうわけじゃありませんが、動作の一つ一つが、GT-R と比べると“重々しく”、“急”ではないので、「脳が機能する結果である“予測”に対応できる余裕が持てる」ということなのかもしれません。

かといって、Aston が遅いわけじゃありません。というか、385馬力もあるんですから。でも、速さを感じさせないんです。一言でいうと「手の内にある」って感じさせてくれるんです。


このブログを“Aston Martin V8 Vantage”で検索していらっしゃった方々の気になるのは、たぶん、“音”ではないかと思います。

「4000回転からの音は、所有者だけが知る喜び」なんて書いてあるのを、どこかで見かけましたが、確かに GT-R とは全く違います。GT-R は全回転域で“ボーボー”とやたら低音が強調され、ヘタするとただ「うるさい」だけですが、Aston はそのうるさい低音の“ボーボー”はきっちりと消去してあります。そして、4000回転を超えたとき、排気管のどこかのバルブが開くらしいですが、“爆音”に変わります。爆音はフェラーリとは違い、マセラティに近いかもしれません。

20130810_yas875_a5bicebアルトサックスで言えば、ヤマハの吹奏楽部系の音じゃなくって、キャノンボール※の硬くて荒い音、、、、ギターで言えば、エリック・クラプトンじゃなくって、ジミヘンの音って言うと、わかりやすいかもしれませんね。

とにかく、ちょっとしたトンネルを通過するときには、シフトダウンしたくなる“病み付きになる”音なのです。。。。っていうか、この音があるだけで、GT-R より遅くなっても、なんの“ひけ目”を感じることなく運転で出来るのです。

実をいうと GT-R からの乗り換えで、自分自身、ずぅ~と気になってたのが「遅さに我慢できるのか?」ということでした。だから、「最低限 M3 , M5 クラスじゃないとイカンナ。直ぐに我慢できなくなって、愛着も薄れて、売り払う羽目になるからな」でした(私は、速度絶対主義者だったのです。速い車がエライみたいな・・・)。

しかし、しかし、、、、Aston Martin V8 Vantage は、ある意味、自分の価値観をぶち壊してくれた・・・・・「車は、絶対的な速さじゃないよ」なんて事いう奴は、速い車を所有できないヒガミなんじゃないのか、、、なんて、思ってたから「最低限 M3 , M5 クラス」だったわけなのですが、、、

車は、速さじゃないんですね!

フィーリングなんです。車は。そして、それは“スペック”で表せるものではないんです。絶対重量の違いじゃないんです。たとえば、サーキットでタイムを詰めるのには、“スペック”は重要なんだと思いますが、“運転によるワクワク感”は、“スペック”では語れないことを、身を以て感じたってわけです。

ただ、感覚器官より脳へ入力される刺激によって惹起される反応が、“快”なのか“不快”なのかは、個人差が大きいため、私の到達した「フィーリングなんです。車は」は、十人十色であることは否定しません。まぁ、“軽自動車”や“ワンボックス・ミニバン”でドパミンやらエンドルフィンやら・・・なんて話は“信じがたい”ですけどね。


ともかく、来る月曜日~火曜日に、Aston Martin V8 Vantage と約1000キロの一人旅に出ることになりましたので、また、ここになにかしらの記録を残すかもしれません。

ところで、最近、アルトサックスを習い始めました。。。とはいっても、自己流です。スクールにも行きたいのですが、、、、いろいろ、身のまわりが慌ただしくて、ままなりません。アルトサックスネタでも、色々と書きたいのですが、、、、はやく、書ける環境になってほしい・・・今日この頃です。

※写真の二本は、金色は従兄弟から借りてるヤマハYAS-875、黒色は買ったばかりのCannonball / A5B iceB 。吹奏楽部の娘とセッションして楽しんでます。

| | Comments (1)

« March 2013 | Main | November 2013 »