« スコラ 坂本龍一 音楽の学校 | Main | 暴力装置? 暴力教室なら知ってるけど? »

November 18, 2010

R50 MINI , R56 MINI ランフラット 女性目線の乗り心地

20101118_mini_camdenランフラットタイヤの乗り心地を気にする人は、多い。

前回は、R50 MINI Cooper にランフラットタイヤを履かせ、乗り心地が《良い》のか《悪い」のかを考察した

今回、我が家では、R50 MINI に加えて、R56 MINI (カムデン) を増車したので、女性目線でのインプレを書き留めておく。

何故、女性目線?

R50 MINI Cooper の主たる使用者は妻だ (った) 。ランフラットタイヤで、ほぼ、週4~5日、往復14Km を通勤している。走行する道路は、県道であり、地域の主要な幹線道路である。勤務先近辺から、商業地区、住宅街を通過する。途中、踏切が2か所。

このような状況で、妻から、乗り心地に対する不満が出たことはなかった。もっとも、10年以上もペーパードライバーだった妻が、久しぶりに車で通勤するに当たり購入した車だったので、それ以外の乗り心地を知らなかったという状況に於いてなのだが。

購入後、6年が経過し、ある切っ掛けで買い替えが決まった。12ヶ月点検で、ディーラーに赴いた際、展示してあった《カムデン》に興味津々だった私の姿を、担当者が見逃さず、点検の見積書にカムデンの買い替えの提案を滑り込ませていたのだ。

急遽、買い替えを決意し、担当者が我が家にやって来たところ、私の母親が「下取りに出すのら、もったいないから、私が乗る」と言い出したのだ。私の母は、今年70歳になった。3年前に購入したホンダフィットの乗っている。それを「ガリバーに売ればいいじゃん」と。

このような経緯で、妻は、R56 MINI に、母親は R50 MINI に乗ることになったのだ。

まず、妻が、ランフラットから、R56 MINI カムデンが標準で装着しているポテンザ RE050A 205/45-17 への変化を、こう言っている。

「だんぜん、こっちの車の方がイイ。だって、ガタガタ揺れないんだもん。お義母さん、アレ、乗るんだぁ。カワイソう」
さらに、、、、
「ハンドルが軽くクルクルって回るんだよね。車が、軽くなったみたい。車庫入れもラクチン」
確かに、パワーステが「旧モデルより軽くなってます」とディーラーで説明を受けたっけ。私には、すべての動作が軽すぎて、なんか、物足りないのだが、確かに、100Km も運転すると、「楽だ」。


次に、我が母親。

ホンダ・フィットからの乗り換えにあたり、MINI のディーラー担当者から、「少しの間、試しに乗られてみてはいかがですか?」とアドバイスされ、乗ってみたのだが・・・・。

自分専用の車としての車歴は、女性ながらけっこうある。免許を取得して最初の車が、ホンダのワンダーシビック (懐かしいね。そういえば、ホンダシビックの生産終了は悲しいね) 。次がトヨタのコルサ。次、トヨタのスプリンター・カリブ。ホンダ、アコードワゴン。ホンダ、エディックス。で、最後がホンダ・フィットだ。どれも、フル・ノーマル (当たり前だけど) で、購入したままの状態で乗っている。ランフラットタイヤの車には乗ったことがなく、妻と違って、高速道路も含めて、どんな道路でも走る。あっ、農道も走るよ。

そんな母親が、ランフラットタイヤを履いた R50 MINI を運転して、開口一番。

「なんだコレ。どこか壊れてるの? 乗り心地はひどいし、ハンドルがすごく取られる。怖い」と。「しっかりとハンドルを握ってなきゃならないから、疲れる。フィットの方が良い」と。

母親は、それでも、周りの人たちから「かわいくって、ステキな車ですね」と言われるのが、よほどうれしかったのか、「やっぱり、MINI はいらない」とは言わなかった。

というわけで、しばらくの間、がまんして、ランフラットの MINI に乗ってもらっていたのだが、ワンダリングは、事故を起こす可能性もある。タイヤの溝も残り少ないこともあって、ミシュランのラフンラットから、ブリジストンのプレイズ PZ-X 205/45-17 に履き替えた。

母親、曰く「タイヤでこんなに変わるのか。スゴイもんだねぇ。乗り心地は満点、ハンドルもぜんぜん取られないよ」と。


ディーラーの担当者、F 氏が、R56 MINI では、「標準設定でのランフラットタイヤがなくなったんですが、女性からの不満が第一の理由です」と言っていたのが、腑に落ちた。

私の母親はともかく、妻は他を知らない。「動けば何でもいい」なんてこと言うタイプなのに、やっぱり、ランフラットタイヤには、「No !」を突きつけた。


現在、私の車は、R35 GT-R だ。ランフラットが標準で、「足は硬い」。当然、MINI にランフラットでも「乗り心地が悪い」とは感じない。ところで、2011イヤーモデルはかなり乗り心地がイイらしいが、乗り比べてみたいもんだ。

私は、基本的に固い足が好きだ。BMW E38 のようなサルーンに乗っていた時なら、コンフォートを『善し』とするが、それでもグニャクニャは嫌だから、バネはアイバッハに変えてたし。

というわけで、前回のインプレを変えるつもりは無いんだけど、これは、《硬い足が好きな男の印象》であると、言い換えておくことにする。

やっぱり、どんなに車に疎く、無頓着であっても、女性は「ぜんぜん、違う」って感じる性質のものだから。


ただ、大事なのは、比較するから「感じる」のである。比較しなければ、我が妻の最初のインプレ通り、「別に不満はない」となるのだから、「悪い乗り心地」というのは「耐えられない」と言うのではない事を付け加えておく。

|

« スコラ 坂本龍一 音楽の学校 | Main | 暴力装置? 暴力教室なら知ってるけど? »

クルマ MINIとGT-RとAston Martin」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スコラ 坂本龍一 音楽の学校 | Main | 暴力装置? 暴力教室なら知ってるけど? »