« ブルートゥスかアントニウスか | Main | It's the Sequence, Stupid! »

October 21, 2008

乳首を吸う頻度は?

20081021_breast出産後、赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激(乳首刺激)で、さらにプロラクチン(PRL)は分泌されるようになる。そして、その PRL によって、排卵が抑制される。その間、母親は次の子供を宿さないので、赤ちゃんは乳房を独り占めできる。。。。。

アマージ錠2.5mg』でも書いた事だが、では、乳首刺激によってプロラクチン分泌が増加するには、どれくらい吸うと効果があるのか??

未開の地では、乳児は母親の首から風呂敷のようなものに包まれて吊るされていて、何時でも乳首を吸えるようになっているところがあるらしい。その乳児達は、一回に少量を飲み、一日に100回を超えるほど乳首を吸うのだとか。(先進国の子育ての常識からはかけ離れているが)

もちろん、その回数に個人差はあるのだろうが、一時に乳飲み子を複数抱える事が困難な環境では、乳首を100回吸わせて、離乳するまで次の妊娠を抑制するってのは、合理的に見える。首から風呂敷のようなもので乳児を吊るすってのは、環境の淘汰を免れた進化の結果ではなく、人間の文化だろうから、知恵により自分の遺伝子を最大限残す事になる行動の貴重な例なのかもしれない(本人達はそんな意識は無くても)。


さて、女性の出産後のホルモンバランスは乳汁分泌するために傾き、乳汁は作られるようになるのだが、赤ちゃんが乳首をくわえて吸ってくれないと、やがて出なくなってしまう。そう、産後のホルモンバランスは短い期間で妊娠可能サイクルに戻ってしまうのだ。

これも、非常に合理的な仕組みだ。(母体に無駄な母乳を作られせないという点で。)

ただ、これを知っているだけじゃ、望まない妊娠を防ぐ手段にはなりえない。

そう、どれくらい吸えば、排卵は起きないのか??が大切なのだ。
(先進国では、抗プロラクチン薬を飲ますだけだけと・・・)
 
 
 
中国産の食材から健康被害を及ぼす成分が検出されたと、連日のように報道されている。しかし、その報道の内容は『乳首を吸うと妊娠しない』というレベルを超えてはいない。

理系風な表現をすれば、定性分析は済んだが、定量分析がまだだ・・・ということになる。

中国の野菜農家が生産性を上げる為、よく効く安い農薬を使う事と酪農家が水で薄めた牛乳の蛋白濃度を見せかける為にメラミンを入れる事を同じ土俵で語って良いものかどうかは、この際、置いといて、、、この問題で問われるのは、人体に対する影響が、どの程度の濃度で現れるのか?という事だ。

自然食品は安全などと寝ぼけた事をいう人もいるが、自然界には“猛毒”はごまんとある。自然が安全で人工が危険などと短絡的にイメージしてしまうような報道も慎むべき(ついでに体に良いと五穀米を食べつづけ痛風になるなんて話も)だが、これも、今回は置いといて、、、

さらに、人体に対する影響が、濃度の問題で語って良い場合と暴露の有無で語らなきゃならない問題がある事をもごちゃ混ぜに扱い報道する事も慎まねばならない(毒はやがて解毒されるが、HIV や プリオン蛋白は一度体内に入ったら排泄されない)が、これも、今回は置いといて、、、


上で、報道は「レベルは超えていない」・・・とは言ったものの、今朝のズームイン・スーパーでは、『検出されたメラミン濃度は、一日の摂取許容量の1/50・・・』などと、変化の兆しが見えた。

私は、この点を非常に評価したいと感じた。


そう、いつもはマスコミ・報道をこき下ろすばかりのエントリーなのだが、今回は、誉めてあげたいのだ。


この報道の姿勢が、全ての放送局、新聞社、その他のメディアに共通するものだとしたら、非常に望ましいものなのだが、もし、そうだとすると、『どうしてそんな事ができたの?』と逆に疑問が湧いてしまうのも事実だ。


大衆がマスコミの修飾された報道に嫌気が差した事を原因だとするには、あまりにも実感が湧かない。大衆が賢くなっているとは微塵も感じられないからだ。

では、、、、大衆の無関心?

自分の財布の中身に関わる事と、解りやすい正義(悪者を作って叩く)には強く関心を示している大衆が、社会的な正義や公共の利益に興味を示さないという事実を、諦めに似た境地で受け入れたからなのか??

いままでマスコミは、大衆には分別があり大衆は正しいという立場にたって、記事を書き、ニュース番組を作ってきた。だから、いかもに『おれが教えてやるよ』みたいな雰囲気が出ないようにしてきたんだろう。『そんなことは、賢い皆様ならご存知でいらっしゃるでしょうから、敢えて、私からは申し上げませんが・・・』みたいな調子でねっ?!

ところが、世の中の標準というか、基準というか、物差しのレベルがあまりにも幼稚化してきて、そろそろ、限界・・・ってことなのか?(知識の量は増えても、知恵として生かせていないも含め)

大衆迎合の記事を書いて、ニュースを作っても、インターネットにお客が奪われ、ジリ貧ならば、大衆に迎合(大衆には分別があり大衆は正しいという立場)して記事を書くより、『おれが教えてやるよ』みたいな雰囲気が出て、大衆に自らの無知を知らしめる事になったとしても、それを歓迎してくれる購読者・視聴者がいれば、それを大事にしていこうという開き直りなのか?!

その辺の事情は、私には知る由も無いのだが、いずれにせよ、今までのように、事件を面白おかしく、はたまた、些細な事をスクープの如く修飾し・・・なんて事は少なくなり、その事件が及ぼす影響を判断できる事実をだけを視聴者・購読者に伝えるという(推測・予測はしなくてよい)、本来の機能を取り戻してくれるなら、非常に歓迎すべき変化だと、私は感じたわけだ。(たまたま、、、だったら、このエントリーも恥ずかしいけど)


『検出されたメラミン濃度は、一日の接種許容量の1/50・・・』を言うと言わないとでは、印象が激変する事を、多分、見ていた人は感じたはずだ。たとえ、「中国めぇ」といつも中国が嫌いな人であっても、「まぁ、その程度ならゆるしてやるかぁ」ってね。これを言わなかったら、「中国!絶対、ゆるさん!!(ムカムカムカぁ)」ってなってた所だよね!
 
 
 
閑話休題・・・・というか、p.s. というか、このタイトルで始めたからには、多分、この話題は避けて通れないんじゃないかと思って、追記するんだけど、、、、、

赤ちゃんの代わりに、夫が吸ったら・・・・・・って、乳首を。

さらに『避妊目的でおっぱいを吸ってあげる』とか言う男が出てきたら・・・・・。

この辺の定性分析と定量分析は、、、、、だれかやってくれているのだろうか??

性交の間の男女の性器と女性の性的な喚起の磁気共鳴イメージ』なんて研究もあるくらいだからなぁ・・・・・って、一日100回もオッパイを吸えないジャン。。。。

いや、まてよ!『お薬を使わず、避妊できます!私、オッパイ吸い男にお任せください』なんてバカが現れないとも限らない・・・・。


おあとが、よろしいようで・・・・。

|

« ブルートゥスかアントニウスか | Main | It's the Sequence, Stupid! »

マスコミ批評」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ブルートゥスかアントニウスか | Main | It's the Sequence, Stupid! »