« ENGINE(Ⅱ) | Main | 営業用カブで砂漠ラリー、3600キロ完走 愛媛の銀行員 »

September 05, 2006

METRO GREEN TOYOCHO

20060905_YO-101-01.jpg久しぶりに、仕事帰りにゴルフの練習に行った。

METRO GREEN TOYOCHO には2階の左端に2打席のボックス席があり、昨日はゴルフ仲間10人との合同練習に、そのスペースを使ったのだ。

ゴルフの練習自体が嫌いな私は、めったに練習場には足を運ばない。でも、ボックススペースで、他のお客の目を気にせず仲間だけでワイワイやる練習は、なかなか、面白いもんだ。

椎間板ヘルニアを発症してからというもの、年間ラウンド数は激減して、さらに娘が生まれてからは(ますます、可愛さに磨きがかかってきているので)時間的にも経済的にもパカスカ行けなくなってしまってる訳だが、このラウンド数に反比例するように、スコアの数字は大きくなっている。

自己ベストスコアをたたき出して以降、全く、良い所無しのスコアである。しかし・・・・

練習場では、、、ミスショットなんてほとんど無いんだよなぁ!これが!昨日のショットがコレなのだが、どのクラブを使っても、ダフリやトップは別にない。。。

でも、一つ、重要なことに気づいてしまった・・・。それは、距離感が極端に悪くなっているのである。

50ヤードあたりに、ポツンとおいてある“カゴ”に、クラブの番手を代えて一発で入れる“勝負”をして遊んでたのだか、その目標に向かっての始めの一打は、なんと、毎回、大オーバーである。(大マジで“カンジ”を出したのにぃ~)


---ガーン---


ノーカンにも程があるとは、このことだ。一度の大ミスの後は力は加減できるから、ほぼ、その辺には打ててるのだが・・・(タラレバ!)。これが、スコアを落す最大の原因なんだよなぁ!!と知ってはいたけど、心底、実感してしまった昨日だった。
 
 
 
閑話休題

実は、昨日、職場から METRO GREEN TOYOCHO へは、メルセデス S600 に乗って行った。途中、前方がクリアになった時、オーナーはマジに“踏んで”くれたので、W220 の 500馬力、トルク80kg/m の“加速”が体験出来た。(実は、お願いして“踏んで”もらったのだ。)


---こっ、恐い---


約2トンもある車体が、まるで400cc のバイクのように“軽い”のだ。
車を運転する人なら誰でもそうだと思うが、助手席にすわっていて、自分の感覚からずれてくるとブレーキを踏みたくなる。

この時も、足が突っ張った。

でも、自分の運転でフルスロットルなら、怖さより快感の方が大きくなるんだろうなぁ!


---ほっ欲しい---


いや、マジに、あの加速にはやられてしまった。加速に“感動”したのは、スカイライン2000GT TURBO で始めて体験した、あの TURBO の加速以来だ。

BMW 740i でも、特に不満はないのだが、あれは“中毒”になる“領域”だ。次の車は、なんとなく(いろいろ理由はあるのだが)、SUV (BMW X5 か VOLVO XC90)にしようかなぁって思ってたんだけど、、、


---やっぱり、漢の車はこれだぜ!---


って、、バカ!
 
 
 
話は、練習に戻って・・・

写真のヨネックス ナノブイ(NANOV)。試打させてもらったのだが、このドライバー最高!!シャフトは S でも硬い感じがしなくって、捕まりも良くって、久しぶりに、ゴルフでも欲しい“ギア”が出来た!

ああっ!また、ヤフーオークションかぁ?

|

« ENGINE(Ⅱ) | Main | 営業用カブで砂漠ラリー、3600キロ完走 愛媛の銀行員 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference METRO GREEN TOYOCHO:

» 日本一の飛ばし屋〜福本大象の究極ドラコンテクニック〜 [ドラゴン日本一男の飛ばしの極意]
現在でも多くのアマチュアゴルファーは、「頭を動かすな」「体をねじれ」といった、いわゆる中心軸打法が、ブレない正確なショットを生み出す打ち方だと信じています。 でも、果たしてその練習方法で正確に飛ばすことはできたでしょうか? ゴルフが上達しない人が95%もいることを考えれば、その答えは明らかですよね。 中心軸をズラさずにスイングするということは、体のあらゆる部分をねじるということになるので、�... [Read More]

Tracked on September 06, 2006 02:17 PM

« ENGINE(Ⅱ) | Main | 営業用カブで砂漠ラリー、3600キロ完走 愛媛の銀行員 »