« 言葉の定義 | Main | ブルータスは居なかった »

August 05, 2005

あっちを立てればこっちが立たず・・・なのか?

20050805seesawねおさんから、群大医学部の合格取り消し“事件”の話題を頂いた。
コメントにて「特に感情移入出来なかった」と書いた。
せっかく切っ掛けを頂いたのだから、何か書こうと思うのだが考えがまとまらない。

話は変わって、、、

その翌日(木曜日)の新聞の広告?に“『憲法を改正して戦争に行こう』にならない為になんたらかんたら~”というのを見た。
こっちには、激しく不快感を感じた。自分で行動せず、座して待ち、善人面する奴等を見ると“虫唾”が走るからだ。

こっちに関しては、いろいろと、書く事がある。
どうせ、この護憲論者達は、専守防衛に徹するべきだというのであろう。地球の隅々までこの人達と同じ考えの人ばかりなら、これが正しいと思う。
しかし、どう考えても、その思考ロジックが日本人には理解できない人達がほとんどである。その中で、専守防衛を唱えていたって問題解決にはならない。

何が問題なのか?日本人(同胞)の犠牲者を少しでも少なくするという事が、この場合の問題だ。日本でテロが横行し、日本にミサイルが打ち込まれ、本土決戦になるまで、日本人は“手を打つな”と、この方達は言っている。

先手を打った結果と本土決戦になった結果と、日本人の犠牲者が同数であるとう“エビデンス”があるなら、専守防衛も立派な意見になるが、同数じゃない事は小学生でも分かる事だ。

また、日本の安全を米国に依存している現在、『危ない仕事意外なら、なんでも恩返しするよ』では、自分勝手過ぎるだろう。
日本の安全を、米国の助けを借りず自分達の手で実現するなら、尚更、本土決戦しか出来ない縛り(憲法第9条)を取っ払わなければ、現実的じゃない。


と、色々と書ける訳だが、これは、最初から感情的に物事を考えているからだと思う。要するに、護憲論者は卑怯者だと。(私は思っているからだ。)


またまた、話は変わって、、、、全く違う分野なのだが、こちらは、がん治療。血管新生阻害剤と化学療法剤の併用に関するジレンマについて、、、、(先ずは、読んでくだされ。日本語 summary はトピックスに入れた。)
http://www.nature.com/nature/journal/v436/n7050/full/nature03794.html

これって、血管新生阻害論者(変な言葉だ!こんなの実際には居ない)からみれば、こっちを優先にすべきであるとなるし、化学療法論者からしてみれば、こっちが優先される事が患者さんの利益になると譲らないだろう。化学療法剤は血管を通って、ガンに到達するのだから、血管を作らせなきゃ、化学療法剤が到達しない・・・。

こんな○○論者じゃない中庸な考え方をする人達から(かどうかはわからんが)、両者の良いところだけを抽出したような、治療法(治療薬)が開発された。というのが、この論文の趣旨だ。


結局、感情が入ってると、データの読み方にバイアスがかかってしまい、真理が見出せない事もあるし、導き出された考えは、ろくなモノが無いのかもしれない。それに、多分、“恋は盲目”状態だから、良いアイデアも浮かばなくなる。

そう考えてみれば、私の様な、最初から『護憲論者=卑怯者』なんて考えている人間からは、まともな解決策は生まれない事になる。

憲法第9条に関する論議に対して、私自身、(自分の言っている事が)正しいと思える意見を持つには、私の護憲論者に抱いているイメージを払拭してくれるような(目から鱗を落してくれる)考え方を知る必要があるのだが、、、、この問題になると、日本人は冷静なディベートは出来なくなるから無理な話かもしれないが。(護憲論者=卑怯者なんて言ってるんだから私も謗りは免れない。)

群大医学部(事件)では、ねおさんは“おとなの手口”なんて、冗談めかしておっしゃっているが、冷静に考えている分、結構、正しい対応かもしれない。

|

« 言葉の定義 | Main | ブルータスは居なかった »

ああ、いっぺん言うてみたかった」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66497/5322228

Listed below are links to weblogs that reference あっちを立てればこっちが立たず・・・なのか?:

« 言葉の定義 | Main | ブルータスは居なかった »